菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案
菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案
菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案
菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案
菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案
菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案
菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案 菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案 菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案 菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案 菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案 菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案

菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案

1,980

購入数量

配送方法

ギフトラッピング

菌の声を聴け

菌の声を聴け
タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案

内容

コロナ禍で「新しい生活様式」が謳われるようになるずっと前から、千葉、岡山、そして鳥取・智頭町へと移転しながら、新しい生き方を実践してきたタルマーリー。

パンとビールの源泉をとことん探って見えた、モノ作りに欠かせないもの。それは…
地域で循環する環境と経済、そして、技術と機械だった。

ベストセラー『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』から8年。
菌に導かれ、原理主義的な息苦しさを脱し、未来への手ごたえをつかんだ記録。

「カビを食べる人」のパンとビール作りが未来の共生社会を拓く――山極壽一氏、推薦
 

 

目次

第1章 再出発
第2章 菌との対話
第3章 ビールへの挑戦
第4章 菌活者・仮面の告白
第5章 源泉を探る
エピローグ タルマーリー、新たな挑戦

 

 

著者紹介

渡邉格/ Itaru Watanabe

渡邉格

タルマーリー オーナーシェフ
1971年東京都生まれ。23歳で政治経済学者の父とハンガリーに滞在。食と農に興味を持ち、25歳で千葉大学園芸学部に入学。「有機農業と地域通貨」をテーマに卒論を書く。農産物流通会社に就職した後、 31歳でパン修業に入る。2008年千葉県でタルマーリー開業。野生の菌によるパンづくりを追求し、麹菌採取に目覚める。また、10代でパンクバンドに費やしたエネルギーが、起業後はDIY精神に発展。大工仕事を覚え、可能な限り自力で店の改装を行う。2011年東日本大震災を機に岡山県に移転。2015年鳥取県智頭町に移転し、ビール醸造を始める。著書に『田舎のパン屋が見つけた「腐る」経済』(講談社)。同書が韓国でベストセラーに。台湾、中国、フランスでも翻訳され、国内外で講演活動も行っている。

渡邉麻里子/ Mariko Watanabe

渡邉麻里子

タルマーリー 女将
1978年、東京都世田谷区生まれ。
幼少期から田舎暮らしに憧れ、環境問題に危機感を持ち、東京農工大学農学部で環境社会学を専攻。日本、アメリカ、ニュージーランドの農家や環境教育現場で研修し、食や農の切り口から環境問題に取組む道を模索。卒論では「女性が農村で生きる可能性」について考える。新卒で就職した農産物流通会社で渡邉格と出会い結婚。農産加工場に転職し、販売や広報を担当した後、タルマーリー開業。販売、企画、経理、広報、総務などを担当。また1女1男の母として、田舎での職人的子育てを模索中。2020年にまちづくり団体「智頭町やどり木協議会」を立ち上げ、地域資源活用型・長期滞在型の観光を実現するために活動を開始している。

http://talmary.com/

 

==================
出版元 株式会社 ミシマ社
          〒152-0035
          東京都目黒区自由が丘2-6-13
          03-3724-5616
==================

この商品をレビューして他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューを投稿していただき、是非当ショップのアドバイザーに!

あなたもレビューを投稿してみませんか?

商品やクレイショップ、協会に関するお問い合わせ

国際クレイセラピー協会

0120-327-900

0120-327-900平日 9:00~18:00

shop@claytherapy.jp

このページの先頭に戻る

© ICA